スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割り出し後の幼虫飼育方法

GWに突入しましたが、今回はおとなしく過ごす毎日です。

皆さんは、ご家族やご友人と海外や国内にご旅行中でしょうか?

本題に....産卵セットを何組か作りましたが.....

幼虫はとれるのか?

自分の選んだ産卵木は妥当なのか?または、ペアリング期間はどうだったのだろうかと色々と考えてしまいますね。
考えても変わる事はないのですが....笑


割り出しをした際、ブリーダーの皆さんはすぐに、菌糸瓶やボトルに投入されるのでしょうか?
投入される方は、ボトル等のサイズはどうしていますか?

または、一時保管としてプリンカップタイプの菌糸に投入?


皆さんは、既に計画され準備万端かと思います。
自分は割り出し後の飼育方法を考え中です。


割り出し後の幼虫飼育方法によって、色々な方がいるのでしょうね!
(自己飼育やお譲りする方などなど)




関連記事

久留米産 ペアリング開始~産卵セット

昼間はかなり暑いくらいの汗ばむ陽気になってきました。
夏場は、現場作業がかなりしんどい時期になり、熱中症対策に...適時の休憩、水分補給、塩飴が欠かせません。

あっ、脱線してしまいました。

新たに、久留米のペアリングを開始し、少量の幼虫確保を目指して産卵セットを組みました。
ただし、産卵木はとりあえず1本のみの半分は賭けのような状況です。
♂と産卵セットの写真を紹介したいと思います。(写りが悪いですが...)



これは、2013年度に計画していたのですが、実施できる状況ではなかったので、今回新たに!
♀をrokuo様よりお譲りいただきましたので、今回....始動です!

♂79.4mm(主水様 12久留米6-2)

産卵セット♀53.0mm(rokuo様)

個体は......
♂・♀共にお譲りいただきました。
♂79.4mm(主水様 12久留米6-2)
♀53.0mm(rokuo様 KR13-404) となります。
♀は、3月にrokuo様よりお譲りいただいた個体になります。

また、♀の親虫は..
♂ 80.0mm(メルリン様 11年1番)
2012年6月 羽化
♀ 52.0mm(メルリン様 11年7番)
2012年6月 羽化
とお聞きしています。

産卵木が少ないことが最大のデメリットと思いますが、♀が気に入ってくれることを期待したいと思います。


2014年度 成虫→ペアリング個体

前回記事の産卵セット2組のうちの1組は、2014年9月 yasukongさんからお譲りいただいた貴重な能勢YG血統(1311)個体になります。

お譲りいただいた個体は....
♂80.2mm(2014.5月羽化)
♂79.2mm(2014.5月羽化)
♀50.4mm(2014.3月羽化)



今回、事前にyasukongさんに承諾を得ておりますので、♂80.2mm個体と血統証明書を紹介します。
♂ 80.2 mm(1311)
1311 血統証明書


自分の様に、オオクワ飼育を始めたばかりの者にとっては、yasukongさんの貴重な個体を飼育出来る事は、何より嬉しい限りです。

あとは、当方の飼育方法次第と感じています。

なお、飼育経験が浅いので、どのようにしたら最良な結果がでるのか、または注意が必要な事項は不明瞭な点も多いので今のところは、とにかく他のブリーダーの皆さんの情報を得て、コツコツ実施してみようと思います。
また、飼育環境も決して良い環境ではなく、自然環境に近い省スペース飼育となりますが、まずは第一歩として、良い産卵結果=幼虫を確保できる様に願いたいと思います。

すべての個体を紹介することが出来ませんでしたが、お譲りいただいたyasukongさん、ありがとうございました。
また、今後ともよろしくお願いします。



関連記事

能勢YG 産卵セット

能勢YG 産卵セットを2組作成しました。

ところが、写真撮影をすることを忘れてしまった。
ブログもオオクワ飼育も素人で、情けない限りです。

種親は次の通りです。

1セット目  83.3×53.7 産卵木3本
2セット目  80.2×50.4 産卵木3本


計画性に欠け、限られた時間の中で作業をしましたが、しっかり産卵してくれるか.....
かなり不安❗
関連記事

頭は毎日パンク....

今の時代について

日本の建設業界は、30代後半~40代が
とてつもなく少ない!

当時の業界は景気も悪かったから新卒採用はしなかっただけの一言で終わるのか

会社を経営される側の人達は、利益を出すため、将来の業務内容や雇用情勢も考え計画、構想を練るのか⁉️


設備投資もまだまだと言った感じもし、
発注者側からの工事引き合い案件も少ない。同業他社とのコストダウン争いばかり....
良いのだろうか?

安全や品質を確保するためには、現場の経験は多い方が良い。
また、そのような人材は現実には数が少ない!
コストも当然かかる。
安全や品質を確保維持していくためには、関係者が同じベクトルに向う必要があるのではないか⁉︎
今だけ何とかこなして結果を出せばそれでいい....?

工事を受注をしなければ、OJTによる若手社員教育も内容に限界がみえてくる。

ダラダラ、愚痴を吐き出すような文章....

毎日、若手社員のレベルアップをはかるため、若手社員と共に箇所業務をこなすのに精一杯!

会社(上をみて)の事を考えた仕事をしてみたい。


たまには、こんなブログも良いかな....




関連記事
☁プロフィール☁

まさ_Z32

Author:まさ_Z32
富士スピードウェイレース観戦、オオクワ飼育,ミニカー収集、豆柴を飼っています。
私自身の日常の出来事を描きます。
千葉県在住
⭐️プロフィール画像調整中⭐️

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
♦♦最新記事♦♦
⬇︎幼虫・成虫管理⬇︎
🌟最新コメント🌟
🌟🌟リンク🌟🌟
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

☃☁☀天気予報☀☁☃

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも一覧
最新トラックバック
✨✨訪問者様✨✨
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。